人気のがん保険は新しい治療の形に対応した保険

2人に1人はがんになると言われています。

がんの治療費は高額になることが多く、最近注目されている重粒子線や陽子線などのがん治療の先進医療は数百万円の費用がかかるものもあります。

また、最近のがん治療は入院期間はできるだけ短くして、放射線治療や抗がん剤治療は通院で受けることができるようになってきていて、がん治療の形も変わりつつあります。

高額な治療費を補てんし、新しい治療法や治療の形に対応したがん保険が人気があります。

メットライフアリコの「がん保険」は、がんと診断されたら一括給付金が支払われ、軽微ながん(上皮内新生物)でも給付金が支払われます。

支払回数に限度はなく、2年に1回何度でも支払を受けることができます。

また、がん治療のために入院した場合、入院給付金の支払日数は無制限です。

がんの手術給付金も何度でも受け取ることができ、退院後の通院も保障されているので、もしがんが再発しても安心して治療を受けることができます。

先進医療特約を付加すると、高額な先進医療にも備えることができます。

アフラックの「生きるためのがん保険Days」も人気がある保険商品です。

がんの三大治療(手術、抗がん剤治療、放射線治療)についての入院、通院は日数無制限で保障されています。

抗がん剤治療は通算600万円まで保障されるので、長期間のがん治療や万一再発した場合も安心して治療を受けることができます。

アクサ生命の「治療保障のがん保険」は、がんの手術だけでなく退院後の通院も保障されていて、手術後に受ける抗がん剤治療や放射線治療についても保障されています。

また、最近はがん治療の初期段階から行われるようになったがんの痛みを緩和する緩和ケアも保障されています。

この保険の基本プランには入院保障はありませんが、特約として入院保障や先進医療を全額保障するプランにすることもできます。

従来の保険はがん治療により入院した場合に支払われるものがほとんどでしたが、この保険は入院しているかどうかに関わらず、がんの治療費が支払われる保険です。

このページの先頭へ