自動車保険は保険料の安さと事故時の対応の良さがポイント

自動車保険は、保険料の安さ、事故等のトラブルの時の対応の良さ、加入者特典の充実などをポイントに選びます。

自動車保険には対面販売の保険とインターネットなどの通信販売の保険があります。

保険料が安く事故の時の対応もよいと人気があるのが、東京海上グループのイーデザイン損害保険です。

保険料は申込時点から過去1年間の走行距離をもとに算出されるので、休日のみしか運転しないサンデードライバーは保険料を安く抑えることができます。

また、インターネットで申し込みをすると、インターネット割引10,000円が適用され、さらに保険料が安くなります。

大手の東京海上グループなので、事故対応も迅速で、24時間365日いつでも受け付けてくれます。

賠償事故の場合、示談交渉も引き受け、迅速に解決してくれます。

すべての保険のロードサービスが付加されており、利用は無料で、回数制限もありません。

三井ダイレクト損害保険の自動車保険は、走行距離や免許証の色に関係のない保険料体系ですので、走行距離が多い人や免許証の色がゴールドではない人に向いている保険です。

保険証書が手元になくてもいいという人には、証書を発行しないeサービス割引があるので、インターネット割引の他にさらに500円保険料が安くなります。

契約者専用の「クルマ生活応援サービス」があり、国内外の宿泊施設やレジャー施設を特別割引価格で利用することができます。

ソニー損保の自動車保険は、24時間365日事故受付を行い、事故に迅速に対応してくれます。

事故受付当日中に相手方や修理工場への連絡、代車の手配など対応し、加入者にも当日中に対応状況の報告があります。

また、土日祝日の事故にも即日対応してくれます。

ロードサービスも充実しており、24時間365日対応してくれ、車のトラブルで宿泊が必要になった場合や車以外で移動することになった場合の宿泊費や交通費も保障されます。

保険料は予定年間走行距離をもとに算出されるので、走行距離に合わせて合理的な保険料を設定することができます。

また、インターネットで申し込みをすると、保険料が8000円割引になります。

やはり、保険料が安く、事故時の対応が迅速、丁寧な自動車保険が人気があります。

このページの先頭へ