アメリカンホーム・ダイレクトの持病があっても加入できる保険

「持病を持っていると生命保険には加入できない」と考えている人も多いです。

確かに以前は持病を持っていると生命保険に加入することはできませんでした。

健康状態の告知で引っかかってしまうからです。

つまり、生命保険は健康な方を対象としているのです。

生命保険会社の立場から見れば、このような前提になっていることも理解ができます。

持病を持っている人は、医療機関に診察や治療に行く可能性が高くなりがちで、事業としての採算を合わせづらいからです。

しかし、このような生命保険の常識を打ち崩した生命保険を取り扱っている保険会社があります。

それがアメリカンホーム・ダイレクト保険です。

アメリカンホーム・ダイレクトの「持病がある方も安心・みんなのほすピタる」であれば、高血圧や糖尿病などの持病がある方や現在薬を飲んでいる方、以前に大きな病気をして医療保険に入ることができない方、でも加入できる場合があります。

いわゆる引受基準緩和型医療保険と言われるものです。

「持病がある方も安心・みんなのほすピタる」では、告知内容もシンプルです。

最近3ヶ月以内に医師による検査又は診察による入院または手術を勧められたことが無い、過去1年以内にケガや病気で入院したこと、又は手術を受けたことが無い、5年以内にガンや肝硬変と診断されたことがない、又は入院、手術をしたことが無い、要介護・要支援の認定を受けていない、ということを満たせば、「持病がある方も安心・みんなのほすピタる」に加入できる可能性は非常に高くなります。

保険料は一般の医療保険よりも高くなりますが、それでも「45歳男性、入院給付金3,000円/1日、手術保険金3万円/1回、先進医療1,000万円、通院療養保険金1,500円/1日」という内容で月々の保険料の支払いは3,363円です。

保険料もさることながら、最大の魅力は、持病の方が諦めていた「生命保険に加入する」ということが可能となったということです。

また、先進医療特約を付けられることも大きな魅力の1つと言えます。

このページの先頭へ