アリアンツ火災海上保険の商品ラインナップとその内容

アリアンツ火災保険株式会社は生命保険(現在は新規契約は募集中止中)、損害保険、資産運用等幅広い金融商品を扱うグループ会社です。

損害保険業の中では、保険料収入世界最大手(2009年時点)で、スタンダード&プアーズ社の保険財務力格付けでは2011年に「AA-」を取得しています。

アリアンツグループは日本ではあまり知られていませんが、70国以上、7800万人を超える顧客を持つ大型企業です。

サービスは損害保険と生命保険、銀行業務、資産運用(アリアンツ・グローバル・インベスターズというグループ会社が運営)を扱っています。

日本では、1990年にヨーロッパの損害保険会社としては初めての日本小子会社として、東京都港区に誕生しました。

現在はドイツにある本社、アリアンツ・グローバル・コーポレート・アンド・スペシャルティ・アーゲーが100%株式保有しています。

2013年4月1日現在の主な取扱商品は以下の通りです。

「企業財産総合保険」:企業の建物、動産の損害補償、更にその受けた損害による利益の喪失などを保証する総合保険。

「普通火災保険」:店舗や工場の火災補償。

「店舗総合保険」:店舗や住宅兼店舗、備品等の火災等の損害補償。

「利益保険」:火災や落雷等により営業が休止によって生じた利益の減少補償。

「動産総合保険」:動産の火災だけでなく、盗難等の事故も保証する総合保険。

「機械保険」:従業員の誤作動や保守管理不良の事故、偶発的な事故による損害補償。

「組立保険」:機械設備等の据付組立工事等の際の事故による損害補償。

「建設工事保険」:工事から引き渡しまで、建設中の建物への損害補償。

「賠償責任保険」:法律上の損害賠償責任を負った際に、その賠償金を保証。

「生産物回収費用保険」:企業の製品の欠陥が原因で、第三者に損害を与えた、もしくは与える可能性のある際のリコールの費用を補償。

「会社役員賠償責任保険」:会社役員が会社や第三者に経済的損害を与えた際の費用(損害賠償金、弁護士費用等)を保証する保険。

「船舶保険」:船舶の海上危険によって受けた損害を補償。

「貨物海上保険」:海上輸送中の貨物に生じた損害を補償。

「運送保険」:陸上、河川湖沼輸送中の事故等に生じた損害の補償。

会社名の通り、火災と海上での損害を補償するサービスが充実しています。

このページの先頭へ