オリックス生命の強みは企業としての安定感と販売方法

オリックス生命は、オリックスグループとアメリカの生命保険会社の合弁で設立されました。

オリックス生命という名前にも入っているオリックスという名前を、聞いたことが無い人はいないでしょう。

オリックスグループは、幅広いビジネスを様々なジャンルで展開している日本屈指の企業だと言えます。

オリックス生命が、生命保険の会社として認知度があまり高くなかったとしても、様々なジャンルでの展開力や大企業としての安定感などは、保険会社として大変な強みです。

顧客対応に関しても、オリックス生命は特長を持っています。

それは、オリックス生命の代理店と通信販売の2パターンでの保険販売です。

契約者は、様々なライフスタイルを持ち、あらゆる事情を抱えています。

時間の短縮を優先的に考える人もいれば、専門的な担当者と直に話して決めたいという人もいるでしょう。

そういったことに対応できる仕組みをオリックス生命は考えています。

生命保険会社は、会社によって特色も違いますし、素人に内容の違いを理解することは難しく、いわゆる保険の外交員の一言で決めてしまうという人もいます。

それも良いですが、生命保険専門の企業だけでなく、オリックス生命のように、親会社は様々なジャンルでビジネスを展開しているという企業も含めて、まず自分の知識を身につけておくことをおすすめします。

例えば、オリックス生命は、死亡保険、がん保険、医療保険だけでなく、収入保障保険も扱っています。

オリックス生命のように多様な商品を扱っている生命保険もありますし、専門性の高い保険会社もあります。

そういう意味でも、オリックス生命に限らず、様々な保険会社について多少調べてから保険の選定を行ったほうが良いでしょう。

ただし、オリックス生命のように販売の仕方に特長を持つ会社があるように、販売の仕方や顧客フォロー体制なども重要な基準となりますので、そういった観点を持てると更に良いでしょう。

このページの先頭へ