企業間の取引のリスクに備えるコファスジャパンの取引信用保険

コファスジャパンはフランスパリに本社をおく外資系の保険会社です。

日本では1995年に営業を開始しました。

コファスジャパンは法人向けの保険商品を扱っていて、主に取引信用保険を扱っています。

取引信用保険とは、企業間の取引において、取引先の倒産や代金の未払いなどの貸し倒れ金の損害や海外との取引の際のカントリーリスクなどに備えて入っておく損害保険です。

取引信用保険には、包括型と特定プロジェクト向けの保険があります。

包括型はグローバリアンス信用保険と呼ばれ、国内取引向けと海外取引向けがあり、国内取引向けは企業の倒産や売掛金の未回収などのリスクに備えます。

特徴は、保険の対象となる企業すべてに対して調査や与信限度額の設定を行う包括契約、取引先に対する適正な与信限度額と情報を提供する、世界共通の約款で対応するなどです。

海外取引向けは、企業の倒産や売掛金の未回収などのリスクに備えると同時に、海外での事故やテロなどが原因で取引対象国による輸入制限や為替取引制限等の非常危険リスクに対しても備えることができます。

海外向けの取引信用保険の特徴は、国内取引の特徴にプラスして、信用危険と非常危険をセットで提供している、商品の船積み前と船積み後の両方をカバーできる、海外での債権回収を代理で行ってくれる、シンプルな手続きなどです。

特定プロジェクト向けの保険はスペシャルリスクと呼ばれ、各種の取引について、企業の倒産や売掛金の未回収などの信用リスクと海外の事故やテロなどの非常危険リスクに対して備えるためのものです。

特徴は、信用危険と非常危険を希望に合わせてセットできる、輸出や輸入、投資や融資など様々な取引に対応している、特定の取引先の売掛債権に対して設定、申込手順が簡単、待機期間終了後保険金が支払われるので、回収業務の手間がかからないなどの特徴があります。

包括契約は継続契約のみですが、スペシャルリスクはスポット契約も可能です。

このページの先頭へ