日本興亜損保の商品ラインナップとその特徴

日本興亜損保は1892年に創業した歴史ある保険会社の一つです。

2014年9月には損保ジャパンと合併し、トップシェアとなる地域が増加する予定です。

個人向けの保険は「自動車保険」「すまいとくらしの保険」「からだの保険」「レジャーの保険」「老後の保険」の5つのジャンルがあり、様々な状況に合わせて保険を選ぶことが出来ます。

自動車保険は総合保険だけでなく、ペーパードライバー向けの保険もあります。

また事故の際は24時間初期対応サービスがあり、休日等も安心です。

JAF会員の方は契約期間中に一回、4000円までの部品代が無料になるのでダブルで嬉しいですね。

すまいの保険では住宅保険、家財保険、地震保険、店舗の積立保険、住宅総合及び火災保険、マンションオーナー向けの総合保険、管理組合総合保険及び積立保険があります。

すまいの総合保険フルハウスなら火災や落雷、水災等の建物の損害とオプションで家財保険も付けられることが出来ます。

新築価格基準で支払われるので、もし住宅価格が下がっても安心です。

くらしの保険では家財補償、怪我(損害)補償、賠償責任補償があり、生活の中で起きる様々なトラブルに対応して貰えます。

からだの保険は傷害総合保険と、積立の国内外の交通事故による怪我の補償があります。

総合保険は怪我と傷害保険があり、死亡保険金、後遺障害保険金、入院保険金、手術保険金、通院保険金、日常生活賠償責任保険金の種類があります。

老後の保険は積立傷害保険があり、働き盛りに積立をしておけば年金として積立金を受け取ることが出来ます。

レジャーの保険は国内外の旅行保険とゴルフの保険があります。

自分に必要な補償のみを申し込んだり、総合保険を申し込むことも出来るので、様々なニーズに応えてもらえる商品ラインナップです。

また法人向けの商品もあり、経営支援や社員のメンタルヘルスケア支援等があります。

損保ジャパンとの合併を間近に控えた今、これからもサービスが充実していくことが考えられ、オススメです。

このページの先頭へ