ケガによる入院や通院を手厚く補償する傷害保険

傷害保険はケガに対する保険です。

事故などでケガをして通院、入院したり、手術を受けたり、後遺障害が残ったり、死亡した場合に保険金が支払われます。

医療保険は病気やケガによる入院や手術を保障するものですが、傷害保険はこのうちケガによる入院や手術などを保障するものですので、病気に対する保障は含まれません。

医療保険であれば、病気とケガの両方が保障されるので、医療保険の方がいいような気がしますが、傷害保険にはいくつかのメリットがあります。

まず、簡単な告知のみで加入でき、持病がある人や過去に病気をしたり手術を受けたことがある人でも加入できます。

また、年齢によって保険料が変わることがなく、基本的に医療保険よりも保険料が安く設定されています。

医療保険は退院後の通院について支払われるものがほとんどですが、傷害保険はケガの通院に対して支払われます。

ケガや事故で死亡した時の補償、第三者にケガをさせてしまった時の賠償補償、カメラなどの携行品を破損したり盗難にあった時の補償などをつけることもできます。

医療保険などは年齢によって保険料が変わりますが、傷害保険は年齢によって保険料が変わることはありません。

基本的に加入者の仕事の危険度によって保険料が設定されています。

営業や事務などケガの危険度が低い場所で働いている人をA級職、工事現場などのケガの危険度の高い場所で働いている人をB級職として、保険料を決定します。

B級職の人でも、仕事中のケガを不担保にすることで、A級職の人と同じ保険料で傷害保険に入ることもできます。

傷害保険の補償対象になるケガは、突発的に発生した出来事により、外部からの作用により負ったケガです。

すべてのケガが対象になるわけではありません。

例えば、交通事故やスポーツ中の事故、転倒、爆発や火災に巻き込まれた負ったケガ、仕事中の事故などです。

小さい子どもや高齢者、自転車によく乗る人、スポーツをする人などはケガをする可能性が高いので、傷害保険に加入することを検討してみてはどうでしょうか。

このページの先頭へ