万一の時に備えて任意のバイク保険に加入しよう

近年、バイクに乗る人が増えていて、高齢のライダーや女性のライダーもよく見かけます。

バイクは自動車と同じように公道を走るので、時に人を傷つけてしまうこともあります。

また、自動車のボディのような身体を保護するものがないので、事故に遭った時のケガはひどいものが多いようです。

バイク保険には自動車保険と同じように強制加入の自賠責保険と任意保険があります。

自賠責保険はバイクにも義務付けられているので、加入していないと運転ができません。

自賠責保険は、バイクの事故で第三者を死傷させ、賠償責任を負ってしまった時に支払われるもので、死亡補償は1名につき3000万円まで、ケガなどの補償は1名につき120万円までです。

人身事故の賠償のみですので、自分のケガや物損事故に対しては補償がありませんので、補償としては十分とはいえません。

それを補てんするために加入しておきたいのが任意のバイク保険です。

バイク保険の種類は、自動車保険と同じようなもので、対人賠償保険、対物賠償保険、搭乗者傷害保険、自損事故保険、無保険車傷害保険などがあります。

対人賠償保険は、バイク事故により第三者にケガをさせてしまい、賠償責任を負ったときに、自賠責保険で支払われる補償額を超えた部分について支払われます。

対物賠償保険は、バイク事故により他の人の物を壊してしまって、賠償責任を負った場合に支払われます。

搭乗者傷害保険、自損事故保険、無保険車傷害保険はバイクの運転者や同乗者がケガや後遺障害を負った場合に支払われる保険ですが、自損者事故保険は自賠責保険が支払われない場合に限って、無保険車傷害保険は事故の相手に賠償能力がない場合に限って支払われます。

原付バイクに乗る人も自賠責保険は強制加入です。

原付バイクの任意保険は単独で入ることもできますが、自動車の任意保険に入っている場合は、特約としてつけることができます。

自動車の任意保険の加入率は70%を超えていますが、バイクの任意保険の加入者は30%程度です。

バイクの任意保険の加入者は少ないですが、自賠責保険だけでは十分な補償は期待できないので、任意保険に加入しておくと万一の時に安心です。

このページの先頭へ