加入者の相互扶助で成り立っている生命保険

生命保険は万一の時に備えて入るお守りのようなもので、日本人の約9割が何らかの生命保険に加入していると言われています。

生命保険は万一ケガや病気で入院した時、死亡や高度の障害が残った時、病気やケガで働けなくなり収入がなくなった時などのために、加入者が年齢やリスクを考慮して平等に保険料を負担して、加入者共有の大きな財産を作り、いざという時のために備えるもので、相互扶助の仕組みで成立しているものです。

いざという時の備えと言えば預貯金などの貯蓄が思い浮かびますが、貯蓄は積み立てた総額に少しの利子がついて返ってくるだけですが、生命保険は支払った金額に関係なく、保障金額を受け取ることができます。

生命保険は、死亡保障、医療保障、老後・貯蓄保障の3通りに分類されます。

死亡保障には、一定の保険期間内に死亡した場合に死亡保険金が受け取れる定期保険、終身保険に特約として定期保険を付加した定期付終身保険、一生涯死亡保障が受け取れる終身保険、運用実績によって受け取れる死亡保障や解約返戻金が変わる変額保険、持病がある人でも入ることができる無選択終身保険などがあります。

医療保障には、病気やケガで入院、通院したり、手術に備える医療保険、がんと診断された時、がんで入院した時、がんの手術を受けた時などに備えるがん保険、事故でケガをしたり亡くなった時に死亡、後遺障害、入院、通院などに支払われる傷害保険、ケガや病気で仕事ができなくなった場合に備える所得補償保険があります。

老後・貯蓄保障には、保険期間内に死亡した場合には死亡保険金、満期を迎えた場合には満期保険金が受け取れる養老保険、老後に年金として受け取る個人年金保険、運用実績によって年金の額が変わる変額個人年金保険、親が万一の時のため、教育資金を計画的に準備するための学資保険などがあります。

家族構成やライフスタイル、ライフステージによって必要な保障は変わってきますので、必要な保障はどれなのかよく検討して加入することが大切です。

このページの先頭へ