火災保険は自分のスタイルに合わせて選ぼう

火災保険は火災、落雷、爆発などにより家屋が倒壊した場合に保険が下りる仕組みです。

また最近はゲリラ雷雨などによる浸水や土砂崩れで家がダメージ受けるケースが増えてきています。

これらの水災にも火災保険は適用できます。

火災保険はさらに細分できます。

種類としては住宅専用と一般物件用の火災保険があります。

住宅専用の火災保険はさらに細かく分類ができ、一般的な火災保険では火事や落雷だけではなく、盗難による家財の被害または暴動などによる倒壊にも適用できる保険もあります。

地震にからむ災害には火災保険では補うことができないためにオプションでつける必要があります。

一般物件用の火災保険には基本的には住宅用火災保険と同じですが、地震保険を付帯することが限定されているのが特徴です。

例えば地震保険の適用は店舗兼住宅のみです。

しかも面積比率により付帯できるかどうかが決まります。

店舗が大きい場合はほぼ無理と言われています。

理由としては家財や動産の補償額が一般住宅より比率が大きくなることにあります。

もちろんそれも含めた保険もありますが、費用対効果が期待できない為、難しいのが現状です。

火災保険はどの保険会社がいいのか。

最も有名な保険会社は三井住友海上です。

単純にリスクを4つ、5つ、6つに分類して補償内容を分かりやすくしており、必要に応じて保険を組むことができます。

また一般的に水害や盗難は火災保険のオプションですが、こちらの保険ははじめから組み込まれており料金の上乗せの心配の必要もないのが特徴です。

建物の火災被害が80パーセント以上の消失の場合には建物の保険金額の全額が支払われるのも魅力の1つです。

契約単位は1年間からですが、5年間の複数年契約もでき保険料も1割程度お得になります。

他にも賃貸住宅にも火災保険を掛けることができます。

補償内容も加入金額もホームページで一目瞭然で確認でき分かりやすい為、初めての方が多い火災保険としては非常に親切です。

このページの先頭へ