転ばぬ先の杖、海外旅行に行く時には海外旅行保険に入ろう

海外は日本のように治安がよく安全なところばかりではありません。

海外旅行に行って、空港で荷物がなくなってしまったり、トランクが壊れていたり、旅行中に盗難にあったり、カメラなどの携行物を壊してしまったり、お店の商品を誤って破損してしまうなど、どんなに気をつけていてもトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。

また、急な病気やケガ、事故に巻き込まれる可能性もあります。

海外では日本では当たり前のことが通用しないことがあります。

例えば、国によっては救急車が有料だったり、治療費が日本に比べて高額だったり、些細なことで高額な賠償金を請求されたりすることもあります。

そういう時のために、海外旅行に行くときには入っておきたいのが海外旅行保険です。

海外旅行保険で補償されるものは、傷害治療費用、疾病治療費用、傷害死亡・後遺障害、疾病死亡、賠償責任、救援者費用、携行品損害、入院一時金、航空機寄託手荷物遅延費用、航空機遅延費用などがあります。

傷害治療費用、傷病治療費用は、交通事故などでケガをした時、急病で現地の病院にかかった時の治療費の補償です。

傷害死亡・後遺障害、疾病死亡の補償はケガがもとで死亡したり、後遺障害が残ったり、病気がもとで死亡した場合に支払われます。

賠償責任は、誤って他人にケガをさせたり、物品を破損してしまって賠償金を支払わなければならない時の補償です。

救援者費用は、旅行先で病気やケガで入院した場合、家族などがかけつける際の交通費や滞在費の補償です。

携行品損害は、携行品が壊れたり、盗難にあった時に支払われますが、限度額があります。

その他、航空機が遅れて手荷物が届かず、現地で調達した場合の費用が補償される航空機寄託手荷物遅延費用、航空機が遅れたり、欠航してしまって、代替機に乗れなかった場合の宿泊費や飲食費を補償する航空機遅延費用などの補償があります。

海外旅行保険は安い保険料ではいることができます。

例えば、3泊の海外旅行だと1400円~入ることができます。

また、最近は携帯電話会社でも海外旅行保険を販売しているので、手軽に加入することができます。

このページの先頭へ