保険の販売窓口の種類はどのようなものがあるか

保険は様々な種類がありますが、保険の販売窓口の種類も様々です。

代表的なものは下記の通りとなります。

まずは営業職員チャネルです。

これは保険会社の社員として、保険を販売する職員、つまり言葉を変えると営業のおばちゃんという事になります。

職場を訪問し、新入社員が入ったら声をかけるなどして保険を勧めていきます。

一番保険業界の中でも歴史がある販売チャネルでさらに保険会社各社を合わせると、営業職員は10万に近い人数がいます。

徐々に変化していますが、今だ業界の中でも一番販売の比率が高いチャネルです。

当然保険会社の社員になりますので、その保険会社しか販売出来ません。

2つ目のチャネルとしては、銀行や証券会社です。

いわゆる銀行窓販と呼ばれるものになります。

銀販は2000年前半からスタートし、スタート時は一時払の変額商品が中心でした。

その後リーマンショックなどから、一時払いの終身保険等に販売の主力が変化し、相続等をからめて提案をしています。

また最近は保険会社の営業職員の経験がある人が銀行に出向する等し、医療保険や死亡保障を販売するようになってきています。

また現在非常に伸びているチャネルとしては、保険代理店での販売です。

保険代理店は昔は損害保険のみを取扱い、生損の相互参入が認められるようになった2000年代前半から、生保の代理店が増え始めました。

主には損保系生保の代理店でしたが、近年は保険会社数十社を取り扱う大型代理店が増えています。

業界での販売シェアは25%程度と言われています。

代理店も2つに分かれます。

一つは保険ショップを主体とする来店型です。

もう一つは外交を中心とした訪問販売の代理店です。

保険ショップは目覚ましい伸びを示しています。

乗合代理店の特徴は、様々な保険の比較検討が出来る上に、プロから自分に最も適した保険を提案してもらえる点です。

またすでに加入済みの保険の分析や見直しも多くの保険会社を取り扱っていることから非常に得意としています。

保険の販売窓口も多様化していますので、自分にあった窓口はどこかを見極めて加入する必要があります

このページの先頭へ