決して間違えてはいけない保険会社の選び方

初めての人に保険会社の選び方をお話します。

初めて保険を選ぶ方はまず保険会社の種類について勉強します。

保険会社には外交員を派遣して提案する会社と店舗にてその人に合った保険を提案してくれる店舗型の2社が対面式の保険となります。

この2社には大きな違いがあります。

外交員を派遣して提案を受ける保険は1社限定の保険になります。

メリットはその保険のエキスパートになりますので何でも効くことができますし、何かあった場合にもワンストップで対応してもらえるというメリットがあります。

デメリットとしては1社限定ですので少し偏った保険になることもあり、本当に自分にあった保険か分からなくなるときもあります。

では店舗型の保険はどうでしょうか。

店舗に来店して保険の相談をするわけですが、ここでのメリットは何と言っても保険の種類が豊富です。

何社もある保険の中から自分に本当に合った保険を提案してくれます。

また何社も扱える分しっかりと保険のメリットデメリットを説明してくれます。

例えばA社は怪我には強いが病気に対して少し足りない。

B社は入院保障に免責があるなど、しっかりと比較してもらえるため安心して選ぶことが可能です。

デメリットとしては加入する保険が何社にも及ぶため管理が難しく、支払いもバラバラになる可能性があります。

こういった複雑な管理ができる方には本当にお勧めできる保険の仕組みです。

それとは別にネット型の保険が普及しています。

ネット型の保険は対面での販売ではないので気軽に必要なときに閲覧、契約ができます。

しかし保険の知識が乏しい人は理解ができない可能性があります。

例えば入院保障の免責事項が分からずに加入してしまい、いざ入院給付金を請求しようとしたが、対象外であったなどのミスに気付かないことがあります。

保険は自分だけではなかなか決められるものではないです。

やはりまずは自分が思ったことだけを伝える対面方式の保険を選ばれるのがよいです。

このページの先頭へ