多様化するがん治療に対応したがん保険の比較

現在、2人に1人はがんに罹患し、3人に1人はがんで死亡すると言われています。

がんの治療は長期間にわたり、高額な費用がかかってしまいます。

最近は重粒子線や陽子線などのがんに対する先進医療も行われるようになってきましたが、先進医療は高額な上に、公的医療保険の適応がないため、費用は全額自己負担です。

また、以前はがん治療と言えば入院して行うものでしたが、最近は患者の負担を小さくするために、できるだけ入院期間は短くして、通院で治療を行うことが増えてきて、従来の入院保障中心のがん保険から通院治療に重点を置いたがん保険に変わりつつあります。

チューリッヒ生命のがん保険は、保険料は一生変わらず、保障は一生涯続く終身タイプのがん保険です。

がんと診断された場合、何度でも、何日でも保障が受けられるのが最大の特徴です。

退院後の通院治療も保障されています。

また、「入院手術プラン」と「終身保険プラン」の2つの特約があり、「入院手術プラン」を付加すると、がん以外の病気やケガでの入院や手術にも対応できます。

「終身保険プラン」を付加すると、残された家族に対して最大1000万円の死亡保険金を残すことができます。

アメリカンホーム・ダイレクトのがん保険の特徴は安い保険料でがんに備えられることです。

がん診断一時金や入院給付金、先進医療の保障など基本的な保障が手厚くなっています。

日帰り手術保障、退院療養一時金(20日以上の継続入院)、通院療養保険金の特約を付加すると、さらに充実保障を受けることができます。

がん保険シェア№1のアフラックのがん保険は、がん治療のための入院のほかに、通院で行う手術・抗がん剤治療・放射線治療に対しても日数無制限で保障をうけることができます。

保障内容や保険料によって3つのプランがあり、個々のニーズに合わせて選択することができます。

例えば、フルサポートプランでは、治療費以外にかかる費用をサポートする「ライフサポート年金」があり、初めてがんと診断された日から2~5年目に生存している場合、がん治療を受けていなくでも4年間毎年20万円がサポート金として支払われます。

このページの先頭へ