自動車保険を選ぶポイントと万一の時の補償内容

自動車保険には強制加入の自賠責保険と任意保険があります。

自賠責保険は第三者の他人(家族は対象外)に負わせたケガや死亡に対して支払われます。

死亡・後遺障害は1人につき3000万円まで、ケガは1人につき120万円まで保障されますが、加害者本人やその家族、車両や物などの損害、自賠責保険の補償限度額を超えた金額に対しては、一切補償がありません。

ですから、自賠責保険で補償されない部分に対しては任意保険で備えておく必要があります。

任意保険の自動車保険を選ぶ際には、人に対する補償と物に対する補償について検討します。

人に対する補償に対人補償保険、搭乗者傷害補償、人身傷害補償保険、無保険車傷害保険、自損事故保険などがあります。

保険金額の目安は、対人補償保険は無制限、搭乗者傷害補償は1人あたり1000万円、人身傷害補償保険5000万円、無保険車傷害保険は1億円~無制限、自損事故保険は死亡した場合に1000~1500万円です。

物に対する補償は、対物賠償保険、車両保険があります。

保険金額の目安は、対物賠償保険は無制限、車両保険は時価額です。

最近は保険料の安いネット保険の人気が高まっています。

ネット保険は実店舗がいらないためスタッフの人件費や経費を削減することができるので、保険料が安く設定されています。

しかし、事故などの巻き込まれた時の手続きはある程度自分でしなければならないので、万一の時は不安です。

対面販売の自動車保険は、ネット保険に比べて保険料は割高ですが、事故に巻き込まれた時の対応は任せることができます。

また、ネット保険の契約は自己責任で行うので、ある程度の保険の知識も必要です。

保険料については、ソニー損保やアクサダイレクトなどはインターネットで加入すると割引があります。

他にも、自動車保険を選ぶ際には、ロードサービスの内容も確認しておく必要があります。

例えば、車が故障してしまってロードサービスでレッカー移動を利用する場合、無料で移動してくる距離が保険会社によって異なります。

アクサダイレクトや三井ダイレクトなどは保険会社が指定する修理工場までのレッカー移動の距離は無制限です。

このページの先頭へ