保険を見直す時期によって異なる保険の見直しポイント

保険を見直す際、見直すポイントはタイミングによって異なります。

親元を独立した時や社会人になった時に入った保険を最初に見直すのは結婚する時です。

独身時代に入った保険を見直すポイントは、残された家族の保障を考えることです。

結婚すると守るべき家族ができ、自分に万一のことがあった時、残された家族が困らないようにしておかなければなりません。

夫婦共働きの場合は、お互いに経済的に独立しているので、大きな保障は必要ありませんが、妻が専業主婦の場合はある程度の保障が必要になります。

次に保険を見直すのは子どもができた時です。

子どもができた時に保険を見直すポイントは、万一の時に子どもの教育費や生活費、妻の生活費を確保することです。

守るべき家族が1人増えるので、保障も見直す必要があります。

万一のことがあった時、教育費や生活費に困らないように、死亡保障は子どもが独立するまでは手厚くする必要があります。

夫婦共働きで出産後すぐに職場復帰する場合は、万一の場合の子どもの教育費や生活費だけでいいですが、子育てに専念するために仕事を辞める場合は、妻の生活の保障も考えなければなりません。

また、子どもの教育費を考えて学資保険なども検討してもいいかもしれません。

子どもが中学校入学頃に保険を見直すタイミングがきます。

この時のポイントは、子どもの教育費と自分の病気などに対する保障です。

子どもが中学校に入学すると、今後の進路についてもある程度の見当がつくので、必要な教育費も予想できます。

また、そろそろ年齢的にも体の不調が出始める時期ですので、自分の病気などに備える保険も考えなければなりません。

医療保険やがん保険などは健康状態に問題があると加入できないものが多いので、本格的に病気が気になる前に加入を検討する必要があります。

最後の見直しは子どもが独立した時です。

この時のポイントは、子どもが独立すると、大きな死亡保障などは必要なくなり、自分の老後の生活や年齢とともに増える病気などに備えて保険を見直さなければなりません。

医療保険やがん保険などの保障が不十分な場合は、見直しておく必要があります。

このページの先頭へ