やっぱり保険は若いうちに加入した方がいいのか

保険は若いうちに加入した方がいいと、良く言われますが、そのとおりです。

保険加入を勧められるタイミングとして挙げられるのは、社会人になった時、結婚した時などです。

親や会社の先輩から勧められるケースが多いですが、特に社会人成り立てのころというのは、20代前半の場合がほとんどなので、将来に不安はほとんど感じておらず、保険加入の必要性を感じないのが実情です。

若いため、重篤な病気になることはまず無いですし、健康な状態が当たり前だと感じるものなのです。

しかしながら、保険はそういう時にこそ、入っておくべきです。

というのも、年齢が上がると保険の条件は悪くなることがほとんどなのです。

これは年齢が上がれば、例えば、重篤な病気、怪我などのリスクが高まると言い換えれば、わかりやすいかもしれません。

保険会社からしても、リスクが高まる年齢の人向けに、価格が安く手厚い保険商品を開発するメリットが無いのです。

特に、女性は妊娠出産をする可能性があります。

帝王切開が手術にカウントされるということを知っている人はどれだけいるでしょうか。

医療保険に出産後加入しようとしても、そうした条件に引っかかってしまうこともあるのです。

若ければ若いほど、お得で手厚い保険を選べる立場にいられます。

ですから、どんな保険であっても、保険は若いうちに加入した方がいいと言えます。

特に、最近では様々なタイプの医療保険、がん保険が出ています。

生命保険も含めて、手厚い医療保険は若いうちに加入しておけば、後で何かあった時に非常に役立ちます。

結婚すれば、子供を持つ可能性があります。

そうなれば、学資保険への加入を考えるでしょう。

また住宅や車を購入すれば損害保険にも入ることになります。

色々な生き方が認められてきているとはいえ、年を取るごとに、家族が増えるにつれ、加入すべき保険も増えます。

ですので、保険は若いうちに入ることがお得なので、ぜひ加入しておく方が良いでしょう。

このページの先頭へ