妊娠出産時の不安解消、妊娠中でも申込みできる保険

これから妊娠を考えている方、妊娠中の方は自分が無事出産できるかどうか心配されていることと思います。

妊娠出産時には様々なリスクがついてまわります。

妊婦さんが健康であっても、悪い状況が重なってしまうこともあるのです。

そういう心配を少しでも取り除こうと、出産などにまつわるリスクを保障してくれる保険があるかどうか、それは女性なら誰しも考えることだと思います。

妊娠中でも申込みできる保険はあるか、その質問について回答するとすれば、「妊娠中でも申込みできる保険はある」になります。

妊娠中、27週までなら医療保険に入ることは可能です。

しかしながら、いわゆる「特定部位の不担保」という条件が加入時についてしまいます。

ネットなどで調べると事例が出てくるので、今妊娠中あるいは妊娠を考えている方で、医療保険加入を検討している方は既にご存知かもしれません。

「特定部位の不担保」というのは、子宮に生じた疾病に対して、保険金の支払いがされないという条件で、残念ながら帝王切開なども含まれてしまいます。

おそらく、妊娠中の女性が保障して欲しいのは、緊急な帝王切開やその他出産に関わる様々なリスクについてでしょうから、この条件がつくのであれば、加入を再検討する必要があります妊娠から出産までは、終身保険、年金保険、介護保険などと比べると、期間が非常に短いですし、出産時の様々なリスクは予測が難しいものです。

妊娠を考えている女性は、その保険で、自分が保障を受けたい部分は何なのか、はっきりさせておいた上でしっかり調べる必要があります。

妊娠中であっても加入できる妊娠出産に特化した医療保険もありますので、そういったタイプも参考にすると良いでしょう。

そして、知らない人がいるかもしれませんが、妊娠出産を無事に終えても、もし帝王切開をした場合、それは手術とカウントされます。

よって、帝王切開後すぐに医療保険に加入することはできません。

これらのことを踏まえると明らかですが、妊娠出産を保障する保険は他の保険と違い、とても特殊なので出来るだけ妊娠前に、医療保険に加入しておく方が良いと言えます。

このページの先頭へ