持病があっても申し込める保険は良く調べてから加入するべき

持病があっても申し込める保険というフレーズは、CMなどで良く耳にします。

なぜ、そのフレーズにインパクトを覚えるかというと、一般的に、生命保険や医療保険は病歴などを告知する際に、持病の有無を確認されるからなのです。

それだけ、持病があるかどうかということは、保険選びのポイントになってきます。

持病がある人が加入できる保険で、知っておきたいのは告知義務の無い割高の無選択型と条件が通常より緩やかな引受基準緩和型です。

無選択型は、誰でも入れる分、あまり手厚いものではなく、価格も高いです。

ですので、調べるとわかりますが、あまりおすすめはされません。

最近、出ている引受基準緩和型は、カバーされる部分も種類によりますが広く、価格も通常よりはやや高いですが、家計が圧迫されるほどではないものが多いです。

持病があっても申し込める保険と言っても、このように違いますので、一度自分の持病と保険の条件などを照らし合わせて調べることが大切です。

誰でも健康な時には、保険を優先的に考えません。

持病がある、そういう状況になることを少しでも回避するように日ごろから健康に気をつけることが大事ですし、なるべく持病がない内に、医療保険や生命保険に加入しておく方がより手厚く、条件の良い保険に入れる可能性が高いのです。

ですが、もし持病がある状況で保険加入を検討することになっても、きちんと知識があれば、不安を和らげるようなカバー力がある保険を選ぶことができます。

持病がある方で、保険加入を検討している方は、プロに相談するのも良い手ですし、自身で出来るだけ情報を集めて、将来何に不安を感じているのか、経済状況と照らし合わせて、あらゆる角度から考え、保険を選びましょう。

保険という金融商品の内容は確かに難しいですが、きちんと調べれば、自分のライフスタイル及び自分の考えに適したものにめぐり合えます。

ライフスタイルの多様性が認められている現代において、保険も自分に合ったものをという観点が重要視されていますので、自分に合った保険を選べるように、知識をつけておくことはとても大事なことです。

このページの先頭へ